Googleコアアップデートに対応せよ!崖っぷちライターが今やるべきこと

AIの進化、Googleコアアップデートによるコンテンツの評価基準変更によりWebライターを取り巻く環境は大きく変化しています。「キーワード重視」から「内容重視」へ、量産型ライター直撃の大改革、単価アップの工夫のようなユルイ見直しでは間に合いません。今やるべき「生き残り策」をまとめました。

これから評価されるのは「人々が役立つと感じるコンテンツ」

2024年3月の検索の品質向上を目的としたGoogleコアアップデートは「クリックのためだけに作られたようなコンテンツを減らしユーザーが有益だと感じるコンテンツが多く表示されるようになる」と発表されています。ライター直撃!

すでに超低価格の奴隷案件、事前構成アリ本文のみの作業案件、キーワードを軽く入れた程度のクリック狙いSEO記事もすでに新規停止・継続見送りが始まっています。これから求められるのは、人々が役立つと感じるコンテンツ。

上位記事から情報を寄せ集めて記事を書いている人は本気で注意!
「誰でも書ける記事」はもう必要なくなります。

受注案件別!生き残るために今やるべきこと

情報寄せ集め記事しか書けないライターはまさに崖っぷち。
内容濃く「人々が役立つと感じるコンテンツ」が書けるように自らをアップデートする必要があります。今ならまだ間に合う!やるべきことを受注案件別にまとめました。

奴隷案件(文字単価0.5円以下)

初心者しかやらない超低単価x件数多めの「奴隷案件」で依頼される記事は、内容が薄くまさに誰でも書ける記事。経験が浅くライター自身のスキルも低いため、ほぼ全スキルを上げる必要があります。

・記事の仕組み
・構成
・リサーチ
・文章表現

記事ができるまでの作業(構成・リサーチ・文章)だけでなく、記事のしくみから理解を深めていきましょう。

作業案件

事前構成アリの作業案件は、文章だけ書けばいいという激ラク案件なだけに受注しているライターが多いですが、作業に記事でもっとも大切な「構成」が抜けています。このため、文章には慣れていても「流れを作れない」「情報を選択できない」というライターとして致命的な問題を抱えています。

◆全員に必要なスキル:構成力
求められているものは何かを見極め、深掘りするポイントを判断できないと「有益なコンテンツ」を作ることはできません。記事の目的に合わせて内容を絞り込み掘り下げていく力をつけましょう。

構成を学ぶと、全体の流れだけでなく「必要な情報」「情報のつながり」を意識し記事の軸となる「深掘りポイント」を明確にできるようになります。

これまで考えてこなかった「記事の目的」をしっかり考えることが大切です。

低単価案件

文字単価2円くらいまでの低単価案件は「構成を含む記事」も多く、構成やリサーチ経験も豊富なライターが多いです。ただ、上位記事の寄せ集めしか書き方を知らず「掘り下げ」ができないのが大問題!「書き方」の転換を図りましょう。

◆リサーチ:ヨコリサーチからタテの深掘り、寄せ集めから卒業するとリサーチ効率も格段に上がります。リサーチ方法そのものの改善が必要です。

◆構成:記事の目的に即した流れや情報を理解し、もっとも大切な部分を「深掘り」すること。染みついた寄せ集めグセを抜き自分で作り出す力をつけましょう。


内容を深めるのは文章ではありません、構成やリサーチを改善するのが先。構成力が上がると文章力も自然に上がっていきます。まずは構成とリサーチ!

すべてのカギは「深掘り」

今回のアップデートはこれまでにない大規模なもの。内容濃く質の高い記事が評価される、ライターとしては嬉しい環境になります。もちろん、従来の浅い記事の書き方では対応できず、そのような書き方をしているライターは仕事を失う可能性が高いのです。

質の高さを左右するのは「深掘り」。記事の目的を明確化しどれだけ専門性を上げ、ユーザーに有益な存在になれるかがカギです。

今ならまだ間に合う!しっかり力をつけておきましょう。

2円の壁を越えろ!1円ライターが補うべき3つの基礎
2週間で1円未満ライターから脱出!今日から始める3ステップ

AI時代を生き抜く!強いライターになろう
・必要な知識と正しい方法を効率よく学ぶ → 短期集中派は「テキスト講座

・鬼添削で盤石な構成と豊かな文章表現を → 深掘り力が育つ「添削付き講座
・初心者が知っておくべき「初動」を学ぶ→ LINE配信「無料基礎講座