副業ライターになる!初心者が最初にやるべき5つのポイント

ライターになる方法を探している人へ。書くことが好き!だけでは稼げるようにはなりません。失敗しないためにはスタートが肝心!webライターを目指す初心者がやっておくべき5つのポイントをご紹介します。どれも今日からできるシンプルなことです。早速始めましょう。

1.目標をハッキリさせる

いきなり”目標”といわれても困ってしまいますが「ライターになる!」だけだと弱いです。
自分が何を目指しているのか、しっかり考えましょう。
これがブレると辛くなったときにすぐ挫折してしまいます。

一番わかりやすいのは「目標金額」を決めること

「月に○○円稼ぐぞ!」だけでなく、
じゃあ、何する?
ライティングなら単価は?何件書く?
それに必要なスキルは?
今足りないものって?
このように、目標を細かく落とし込んでいくと行動に移しやすくなります。

「美容ライターになる!」のようにジャンルから入る考え方もありますが、
結局スキルは必要ですし、最初から書くジャンルを狭めてしまいます。

収入に結び付かないとヤル気が消滅してしまうので、金額設定のほうがが効果的です。

2.プチ収入を得る

「書く=収入」を体感してみましょう。
おなじみクラウドワークスなら即時報酬発生の「タスク」がおススメ、
文字数が少ないので気楽にチャレンジできます。

ここで注意してほしいことをひとつ、
探していると@400円のような意外な高単価案件に出くわすことがあります、
「これ1日10件こなせば4000円、ムフフ」とは考えないように!
ムフフなほどの件数はありません……

3.何か応募してみる

「どうしたらいいですか?」という相談を多く受けますが、
まずは「やってみる」これにつきます。
クラウドワークスやランサーズで何か応募してみましょう。

もちろん即落ちすることだってありますし、意外にも高評価をいただくこともあります。
活動の流れを体験しておくだけでも大きな成果、その後の行動が変わります。

4.型・パターン・ルールを知る

「うおー書くぜ!」とやみくもに書きまくっても
ライティングスキルは上がりません。

たくさん書けば上手くなる、なんてことはないのです。

文章作成のルールやライティングの型、人気記事のパターンを知っておくだけで
読みやすさや作成スピードが驚くほどアップします。

5.表現の幅を広げる

人を魅了するような表現や言葉が突然降ってくる、
そんな夢みたいなことは起こりません。

記憶の中に眠るストックから生まれてくるのです。

読書するのもひとつ、セールスレターが学びたければ通販番組を観たってかまいません、
できるだけ多くの「表現」に触れるようにしましょう。

そんなことで変わるの?と思うかもしれませんが、
ボディブローのようにじわじわ効いて……
「やる・やらないの差」は大きいですよ。

【文章力アップ】1日15分の自分時間で表現脳を鍛えよう

◆今年のGWは一気にスキルアップ!
・ライター・webデザイナー養成講座一覧はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする