【ライティング豆知識】ひらがなで書いたほうがいい漢字50選

ライティングしているときに「これ漢字?ひらがな?」と悩んでしまうことありませんか?
漢字変換が容易になるにつれ「漢字で書いておけば間違いない」と思いがちですが、
常用漢字以外の漢字はひらがなで書く、これが基本です。

今回は受講生の添削時に多い「ひらがなで書くべき漢字」を50例紹介します。
*状況や目的により漢字表記のほうがよい場合もあります。

ひらがなで書いたほうがいい漢字(あ~お)

1. 敢えて→あえて
2. 有る→ある
3. 言う→いう(言葉として口にださない場合)
4. 行く→いく(こうしていこう)
5. 幾つか→いくつか
6. 致します→いたします
7. 頂く→いただく
8. 色々→いろいろ
9. 今から→いまから
10. 未だに→いまだに
11. 所謂→いわゆる
12. 上で→うえで
13. あり得る→ありえる
14. 押さえる→おさえる
15. 及び→および

ひらがなで書いたほうがいい漢字(か~そ)

16. 下さい→ください
17. 事→こと
18. 毎→ごと
19. 更に→さらに
20. 様々→さまざま
21. 過ぎた→すぎた
22. 知れない→しれない
23. 即ち→すなわち
24. 全て→すべて

ひらがなで書いたほうがいい漢字(た~な)

25. 沢山→たくさん
26. 私達→私たち
27. 経つ→たつ
28. 度→たび
29. 為→ため
30. 丁度→ちょうど
31. 続ける→つづける
32. 出来る→できる
33. ひと通り→ひととおり
34. 時→とき
35. 無い→ない
36. 尚→なお
37. 直す→なおす
38. 等→など
39. 何でも→なんでも

ひらがなで書いたほうがいい漢字(ほ~わ)

40. 他→ほか
41. 殆ど→ほとんど
42. 全く→まったく
43. 迄→まで
44. 見る→みる
45. 物→もの
46. 良い→がよい
47. 様な→ような
48. 分かる・解る・判る→わかる
49. 訳→わけ
50. 僅かに→わずかに

ひらがなで書くだけでぐっと読みやすい文章に仕上がりますよ。

◆スタイルに合わせて選べる!ライティング&webデザイン講座◆

・徹底添削で文字単価UP!個別指導ライティング講座:詳細はコチラ
・仕事の幅が広がるwebデザインマスター講座:詳細はコチラ
・【講座選びに迷ったら】目的別講座一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする