【奴隷案件かも?】初心者ライターが失敗しない目標の立て方

目標立ててますか?副業でも本業でもライターとして生活していきたいと思ったなら「目標」は明確にしておく必要があります。切なさしかない超低単価の「奴隷案件」に沈んでからでは遅い!ここではライター初心者がしっかりステップアップできる目標の立て方をご紹介します。書くことが好き♪だけで進んでいる人は要チェックですよ。

目標は高く設定する

稼ぎたい目標額は高くする
お小遣い程度でいいやと月3万のような低額にすると「ちょっと難しそう案件」をどんどん避けるようになります。5円や10円でも即報酬が発生する「タスク」が魅力的にみえることも……コレ危険です。

月3万を目指す人と50万を目標にしている人は「必要スキル」が異なります。いかに早く50万を稼ぐスキルを身に付けるか、勉強法や選ぶ案件も全く違います。低単価を積み重ねて3万ではなく、目標を高くすることで高単価案件をこなすための努力を重ねることができるのです。

3万5万は単なる通過点にすぎません、
目の前の低単価ではなく未来の高単価に向けて目標は高く!

その場しのぎはNO!各案件に目的を持たせる

ライティング仕事の流れに慣れるために「タスク」や書きやすそうな記事への挑戦はどんどん進めましょう。ただ、それぞれの案件に目的を持たせることが大切です。

・タスク:暇つぶし
・ブログ案件:こなせる文字数の確認(1000 → 3000文字のように増やしていく)
・継続期待案件:文字単価アップを想定(じっくり前提)

雇ってくれたからとそのクライアントに集中するのではなく、自分のスキルに与える影響を考えてこなしましょう。

余裕がなくなると超低単価の「奴隷案件」に気づかず無駄な徒労感に押しつぶされてしまいます。

最初から「10~20記事1セット」のような案件に手を出すと目的を見失いやすくなるので注意してください。

「文字単価・文字数・件数」月間スケジュールを作る

なかなか案件が獲得できず悩んでいるときに”採用”されると、嬉しさのあまり特定の案件に集中してしまうことがあります。

低単価x件数多めの案件は常に募集しており、1セット10件だったりときには1契約30記事なんてケースもあります。1日1記事書いても納品できるのは一か月後、これでは途中でイヤになってしまいます。

うっかり受けた案件につぶされることがないよう「文字単価・文字数・件数」を考慮した月間スケジュールを立てましょう。月末には予定&結果を振り返り自分の成長具合を確認するのをお忘れなく。

自分の目標は自分だけのもの、他人と比べない

ブログやSNSの書き込みをみて「自分はダメだな」と落ち込む人がいますが、それは今すぐやめましょう。
スキルや成長速度はひとそれぞれ、誰もがそれぞれの目標に向かって進んでいるのです。他人の目標を基準に悩んでも何も生まれません、自分の目標は自分で決める、目指す目的地はひとつだけです。

◆スタイルに合わせて選べる!ライティング&webデザイン講座◆

・徹底添削で文字単価UP!個別指導ライティング講座:詳細はコチラ
・仕事の幅が広がるwebデザインマスター講座:詳細はコチラ
・【講座選びに迷ったら】目的別講座一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする