添削は何回受ける?目的別添削回数の選び方

自分で書いた記事と正面から向き合う貴重な機会が添削指導。「書けてるつもり」に隠れている悪癖や弱点を見つけ改善するだけでなく、武器となる強みの発見にもつながります。今回は添削回数別の目的と内容をご紹介します。講座選びの参考にしてください。

添削の目的は「考え方の改善」

当講座の添削は「構成・内容・情報の種類・文章」すべてが指導対象。自分では想像もつかない悪癖を洗い出し、徹底修正します。記事の目的に合わせたスムーズで盤石な構成、適切な情報選択、情報を輝かせる豊かな文章表現を鍛えていきます。

添削指導の目的はミスの修正ではなく「考え方の改善」です。ミスの原因、改善方法の確認したらそこに至る考え方を理解していただきます。最初のうちは朱に染まる添削記事ですが、これらはすべて成長の種、全部直して成長してしまえばいい。「遠回りさせない添削」です。
目指す基準は高く、ユルい構成や浅い情報、薄い表現は容赦なく朱が入ります。

構成未経験・自信がない人は「添削4回」

習得・改善ともに時間がかかるのが「構成」。まだ構成を立てたことがない人、自分の構成に自信がない人は最低でも4回の添削を受けるべきです。

前半2回で構成の立て方を学び、残り2回で成長させるというイメージ。意外と苦労するのが「情報の取捨選択」で上位記事参考の浅い記事を書く悪癖が抜けない人は泣きます。「書けてるつもり」の思い込みは根深いですよ、4回の添削しっかり意識改革しましょう。

*課題記事or自分の記事、好きな記事を選択可能

基礎~超応用までみっちりやるなら「添削8回」

マスタークラスはの添削回数は8回。他コース同様「記事まるごと添削」ですが、初心者の場合は目標を4つ「構成・情報・文章・内容の充実」に分けると進めやすいです。毎回決めた目標にフォーカスして考える、8回終了時には未経験ジャンルへの恐怖心がなくなり自信に満ちた記事になっています。

中級以上は「思い込みの打破」をメインにさらなる内容の充実を図ります。セールスレターや取材記事など基礎の先にあるジャンルを希望する人はこちらがおすすめです。8回の添削で独自性が高く抑揚のある記事を目指すだけでなく、クライアントに新たな提案ができる「視点」の強化も行います。

*課題記事or自分の記事、好きな記事を選択可能

知識の定着は実践してこそ

添削指導の目的は知識の定着と考え方の改善。当講座の添削解説は他社と比較にならないほど濃く、添削記事を受け取ると100%驚きます。それほどぶべきことが多いということ、指摘された箇所はリストアップし執筆時に毎回確認、同じミスは犯さないよう努めてください。

力をつけるための添削は「薄い修正を何度も」では効果がありません。構成から文章表現まで「一気に濃く」やったほうがいい。現実を直視し、直し、改善する、シンプルな工程のなかで深く考える、遠回りせず着実に歩みを進めましょう。

Googleコアアップデート対応「これからも評価される記事」を書こう
・全ライター必須スキル「構成」を一気に学ぶ!→「構成集中講座

・盤石な構成で「深掘り力」を育てる→「添削付き講座
・取材記事にも対応!→「マスタークラス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする