圧倒的に差がつく文章術「書き分け力」を身に付ける方法

「わかりやすい文章」とされる表現基準に「中学生にもわかりやすい」があげられますが、内容やペルソナによっては「ボツ記事」の対象になります。すべての記事を同じように書くのではなく目的に合わせて柔軟に対応できると受注幅が大きく広がります。今回は強いライターの必須条件「書き分け力」を身に付ける方法をご紹介します。

記事全体の質を落とす「表現のズレ」

最も簡単な「書き分け」は文末表現を変えること。
ですます調→である調に変えるだけで、全体の雰囲気はかなり変化します。

文末を変えるときは「表現のズレ」に注意が必要です。

・雨が降っていたが、傘をささずに出かけました。

よく見かけるズレの代表例です。
「~だが」は「である調」に使われる表現ですので、この場合、文末は「出かけた」がスムーズです。

小さなズレですが、何度も続くと読んでいてどうもしっくりこない「ストレス記事」になってしまいます。

注意したい「言葉回し」

・気軽に楽しんでもらいたいカジュアルブログ:親しみのある柔らかい表現
・しっかり分析してほしい企業調査記事:丁寧かつ硬めの表現

このように内容に合わせて表現を変えるときは「言葉回し」にも注意が必要です。

「熟考する→よく考える」のように同じ意味でも表現方法はたくさんありますが、
記事の目的に合わせないと「カジュアル記事に熟語連発」のようなバランスの悪い記事になってしまいます。

漢字とひらがなのバランスもヒントになります、
ライティングの際にはよく確認しましょう。

書き分け時に確認すること

・記事の目的や全体の雰囲気
・接続詞(接続表現)
・文末表現(である調・ですます調)
・漢字とひらがなのバランス

ポイントは4つ。
接続表現や漢字とひらがなのバランスは少しわかりにくいですが、
完成時にゆっくりと音読すると引っ掛かりに気が付くことができます。

「書き分け」ができると受注幅が大きく広がります、
雰囲気を変えるだけで語彙力も格段にアップ!
たまには「違う表現」も楽しいですよ、ぜひ試してみてくださいね。

◆スタイルに合わせて選べる!ライティング&webデザイン講座◆

・徹底添削で文字単価UP!個別指導ライティング講座:詳細はコチラ
・仕事の幅が広がるwebデザインマスター講座:詳細はコチラ
・【講座選びに迷ったら】目的別講座一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする